不動産投資顧問業 一般

行政書士 無料相談
不動産投資顧問業


不動産投資顧問業の概要


一般不動産投資顧問業


総合不動産投資顧問業


更新登録申請


登録事項変更届出


営業報告書提出

不動産投資顧問業


サービス特徴


料金表


当社について


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 一般不動産投資顧問業登録
一般不動産投資顧問業登録
■一般不動産投資顧問業とは

顧客に対して不動産の価値または不動産の価値の分析に基づく投資判断に関して助言を行う業務(投資助言業務)をいいます。

投資家に対して、不動産投資に関するアドバイスを行う業務を指します。

※一般不動産投資顧問業は、現在のところ任意の登録制度であり、一般不動産投資顧問業に該当する業務は、登録をしなくても行うことができます。

■一般不動産投資顧問業の要件

一般不動産投資顧問業登録の申請を行うためには、下記の要件に該当しておく必要があります。

@公正かつ的確な業務遂行能力を有していること

法人の場合

○直近の決算において債務超過となっていないこと(負債総額が資産総額を上回ること)

○重要な使用人が他の法人等の常務に従事していないこと

個人の場合

申請者が法人等の常務に従事していないこと

A業務を行うのに十分な知識を有していること

法人の場合

重要な使用人が、下記のいずれかに該当している必要があります。

○不動産コンサルティング技能登録者(財団法人不動産流通近代化センター)

○ビル経営管理士(財団法人日本ビルヂング経営センター)

○認定マスター(社団法人不動産証券化協会)

○弁護士

○公認会計士

個人の場合

申請者および重要な使用人が、下記のいずれかに該当している必要があります。

○不動産コンサルティング技能登録者(財団法人不動産流通近代化センター)

○ビル経営管理士(財団法人日本ビルヂング経営センター)

○認定マスター(社団法人不動産証券化協会)

○弁護士

○公認会計士

B業務を行うのに十分な経験を有していること

法人の場合

重要な使用人が、1億円以上の不動産に関する投資判断、助言、売買、貸借、管理等の経験を有し、かつ当該業務に2年以上の期間にわたり従事したものであること

個人の場合

登録申請者及び重要な使用人が、1億円以上の不動産に関する投資判断、助言、売買、貸借、管理等の経験を有し、かつ当該業務に2年以上の期間にわたり従事したものであること

■一般不動産投資顧問業の申請書類一覧

一般不動産投資顧問業登録の申請を行うためには、下記の書類を作成する必要があります。

申請書

法人

個人

1

登録申請書(第1面)

2

商号、名称又は氏名(第2面)

3

重要な使用人の氏名等(第3面)

4

営業所の名称及び所在地(第4面)

5

業務の方法(第5面)

6

既に有している免許等(第6面)

7

他の事業の種類及び内容(第7面)

8

主要株主の商号等(第8面)

9

役員の兼職の状況(第9面)

添付書類

法人

個人

10

誓約書

11

履歴書

12

定款・寄付行為等

13

登記簿謄本等

14

資格の登録番号

15

決算書

16

印鑑証明書

17

資格の保有を証明する書類

18

役員などの住民票等

19

役員などの登記されていないことの証明書

20

役員などの身分証明書

■一般不動産投資顧問業登録なら当社へお任せ下さい

一般不動産投資顧問業登録の新規登録のことならぜひ当社へお任せ下さい。

書類作成から申請までを代行いたします。

迅速な対応や申請はもちろん、業務方法書などのについても適格にアドバイスいたします。

不動産投資顧問業登録
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.