不動産投資顧問業 登録

行政書士 無料相談
不動産投資顧問業


不動産投資顧問業の概要


一般不動産投資顧問業


総合不動産投資顧問業


更新登録申請


登録事項変更届出


営業報告書提出

不動産投資顧問業


サービス特徴


料金表


当社について


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 不動産投資顧問業の概要
不動産投資顧問業
■不動産投資顧問業の種類

不動産投資顧問業は行う業務により下記の2つに分かれます。

一般不動産投資顧問業

顧客に対して不動産の価値または不動産の価値の分析に基づく投資判断に関して助言を行う業務(投資助言業務)

総合不動産投資顧問業

顧客から投資判断の全部または一部を一任され、顧客のために投資判断に基づき不動産取引等を行う業務や一任された業務を投資信託委託会社や資産運用会社へ再委任する業務(投資一任業務)及び投資助言業務

一般不動産投資顧問業が投資家に対してアドバイスのみを行うのに対し、総合不動産投資顧問業は、投資家から資産を預かり不動産取引を行い運用を行うことをいいます。

■現在は任意の登録制度

不動産投資顧問業登録は、有価証券の投資運用業登録のように、事業を行う前に事前に登録を済ませておかなければならないというものではなく、任意の登録制度となっています。

ですから、不動産投資のアセットマネージャーとして業務を行うことは、登録がなくても可能ですが、顧客から資産を預かるという観点からは、登録を行った方が信頼度という面でとてもメリットがあります。

■国土交通省への登録手続きが必要

不動産投資顧問業の登録は、国土交通省へ行います。管轄するのは国土交通省総合政策局です。

申請において登録手数料などの手数料は必要なく、当社へご依頼いただいた場合は、当社への報酬だけで手続きが完了します。

■登録にかかる期間

申請に必要なすべての書類が整い、国土交通省にて申請書類が受理されてから1ヶ月から3ヶ月の期間が標準処理期間とされています。

また申請書類を準備するのに少なくとも2週間程度は必要ですので、予定している事業開始の時期から逆算して準備を進めていく必要があります。

■登録後の手続き

不動産投資顧問業の登録を受けた後も、毎年の営業報告書、登録内容変更の届出、更新手続きが必要になります。

更新登録

登録を受けてから5年ごとに更新手続を行わなければなりません。

登録事項変更届出

役員など登録事項に変更があった場合は速やかに届出を行わなければなりません。

営業報告書提出

営業年度が終了後3ヶ月以内に提出しなければなりません。

不動産投資顧問業登録
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.